裏側矯正で誰にも気づかれずに歯並びを治す

人の印象を大きく決めてしまう口元、特に歯並びが悪いと見た目の印象が悪いだけでなく、歯周病や虫歯になりやすいといったデメリットが発生します。歯並びの問題は歯列矯正をすることで改善が可能なのですが、だれがどう見ても矯正治療中とわかる器具を装着しなければならず、治療中の間はずっと見た目を気にしながら生活をしなければならないのです。

そういった問題もあるので、歯列矯正に抵抗がある人も多くなかなか治療に踏み切れない人も多いようですね。そんな人に是非知っていただきたいのが裏側矯正です。裏側矯正とはリンガル矯正などとも呼ばれますが、歯の裏側に矯正器具を取り付けるために、他人から見てもわかりづらいというメリットがあります。

誰にも気づかれないだけでなく、裏側に器具を取り付けたほうが虫歯になりにくいとされていますので、見た目の問題以外にもメリットがある方法です。裏側矯正は一般的に表側矯正に比べて費用が高めで、慣れるまではしゃべりにくいというデメリットもあるのですが、概ね一定期間で慣れてくる人がほとんどなので、装着による不都合は表側矯正とほとんど変わらないでしょう。

歯並びにコンプレックスを持っているけど、見た目を気にして治療に踏み切れない人は是非この裏側矯正、検討してみてはいかがでしょうか?

Posted in 歯科全般 | Leave a comment